biyoumaster のすべての投稿

ブラジリアンワックスの種類

ブラジリアンワックスにはいくつか種類があります。

どれも、粘着力のあるワックスを塗って剥がしてムダ毛を脱毛するという方法に変わりはありませんが、ワックスの種類やメリット・デメリットが違います。

ここでは大きく2つの種類の違いをご紹介します。

ブラジリアンワックスの2つの種類

ブラジリアンワックスに大きくわけて2つの種類があります。

ひとつは「水溶性」
もうひとつは「固形型」

です。

水溶性のブラジリアンワックス

水溶性のブラジリアンワックスは柔らかい液体のワックスです。

ワックスを脱毛したい箇所のムダ毛に塗って、専用のシートを貼って、シートを剥がして脱毛します。

液体は固まらないので、シートに粘着させて剥がすわけですね。

水溶性には

・扱いやすい(塗りやすい)
・痛みが弱い
・肌への負担が少ない

というメリットがある反面

・固形に比べると粘着力が弱い
・細かい部分の脱毛がしにくい

というデメリットもあります。

特に鼻毛の脱毛は、ワックスが固まる固形型でしかできません。

固形型のブラジリアンワックス

固形型のブラジリアンワックスは、塗る時は液体なのですが、塗った後に固まって、固まったワックスを剥がすことで脱毛する方法です。

固形型のブラジリアンワックスには

・細かい部分の脱毛もできる
・粘着力が強い
・シートのゴミがでない

というメリットがある反面

・肌への負担が大きい
・剥がすときの痛みが強い
・塗る時もムダ毛が引っ張られて痛い

というデメリットがあります。

鼻毛の脱毛などは、ワックスが固まる固形型でしかできません。

粘着力が強いので、ムダ毛を1本残らず脱毛できますが、痛みが強い問題もあります。

そして、肌の負担が大きく、肌が赤く腫れたり肌荒れするなどのデメリットが大きいです。

どちらの脱毛方法を選ぶかは使う人次第です。

鼻毛の脱毛をしたいのなら固形型ですが、それ以外の部位はどちらでもキレイに脱毛できます。

痛みや扱いやすさなどを考慮して選ぶのが一番いいのですが、当サイトでオススメするのは「水溶性のブラジリアンワックス」です。

やはり

・扱いやすい(塗りやすい)
・肌への負担が少ない

という部分を優先させるべきです。

脱毛はできるだけ手間がかからないようにできるのが一番だし、肌への負担も少ないほうがいいです。

せっかくムダ毛のない肌にしたのに、肌荒れしたり腫れが残ったらイヤですよね。

肌に優しい脱毛なら、水溶性のブラジリアンワックスを選ぶべきでしょう。

ブラジリアンワックスは欧米の男性に大人気!

日本だと、ブラジリアンワックスは「女性の脱毛方法」という認識が強いと思います。

テレビや雑誌で特集されるのも女性ものだけだし、ブラジリアンワックスも男性用として販売されているのはほとんどありません。

そんなブラジリアンワックスですが、欧米の男性には大人気の脱毛方法となっています。

太くて濃いムダ毛の男性にこそピッタリの脱毛方法だというのもりますが、そこには脱毛文化の違いもあります。

欧米では男性も脱毛する

欧米人というと、胸毛もモジャモジャで体毛なんて気にしないというイメージがありませんか?

確かにそういう人も多いのですが、一方で日本以上に「男性の脱毛」が広まっている国でもあるんです。

それは文化の違いによるところも大きいです。

タトゥーを入れるために脱毛する

欧米ではタトゥーを入れることがファッションになっています。

日本だとちょっと怖いようなイメージがついていますが、欧米では若い人がファッション感覚で気軽にタトゥーを入れます。

そのときに邪魔になるのがムダ毛です。

腕や胸にタトゥーを入れようとしても、ムダ毛を処理しないとタトゥーを入れることができません。

そのためにブラジリアンワックスで脱毛する男性がいます。

ブラジリアンワックスだと、毛穴からムダ毛を引き抜くので、タトゥーを入れるときに邪魔になりません。

自転車文化が根付いている

欧米では、ロードバイクやクロスバイクなどの「スポーツバイク」の文化が根付いています。

ツール・ド・フランスに代表される自転車ロードレースは、オリンピックやサッカーのワールドカップに並ぶ一大イベントです。

自転車と脱毛に何の関係が?と思うかもしれませんが、自転車に乗る人は大体腕や脚のムダ毛を脱毛します。

それは転倒(落車)したときのことを考慮するからです。

自転車で転倒すると、腕や脚を擦ります。

擦り傷ができたときに、一番怖いのが砂利とムダ毛です。

細かい砂利やムダ毛が傷口に入り込み、傷の治りを遅くします。

治りが遅くなるだけならいい方で、傷跡が残ったり、それが原因で感染症になったりします。

砂利は水で洗い流すことができますが、ムダ毛は洗い流すことができません。傷口に入り込んだムダ毛はどうすることもできません。

そのために、転倒時の考慮して予めムダ毛を処理します。

欧米は一般人でも自転車に乗る機会が多い文化です。

そのため、一般男性も普通に腕や脚のムダ毛を処理します。

そのときに活躍するのがブラジリアンワックスというわけです。

男性こそブラジリアンワックスを!

ブラジリアンワックスというと「女性の脱毛」というイメージじゃないですか?

テレビや雑誌で特集されるのも女性向けだし、女性のブラジリアンワックスサロンは増えてきたけど、男性専用のブラジリアンワックスサロンはありません。

もともとが外国で流行っていて、ハリウッド女優やモデルさんが脱毛しているところから人気が出たから「女性の脱毛」というイメージがあるんですね。

でも、ブラジリアンワックスこそ男性にぴったりな脱毛です。

それは、ムダ毛の量とか濃さが男性の方が圧倒的に多いからです。

毛穴から綺麗に処理できるブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスの特徴は、何と言っても毛穴から綺麗にムダ毛を処理できるところです。

自分で脱毛するときに気になる部分は

・脱毛のしやすさ
・脱毛した後の肌の綺麗さ

だと思います。

男性の場合、僕もそうでしたけど、ムダ毛の量が多くて濃いのが特徴です。

カミソリで剃ったり除毛クリームで処理しても、結構時間と労力がかかるんですよね。

また、脱毛した後の肌の綺麗さも問題です。

カミソリで剃っても除毛クリームで処理しても、肌の表面にでている部分しか処理できないから、ムダ毛が毛穴に残る状態になります。

男性のムダ毛は濃いから、黒いポツポツした毛穴になったり、肌全体が青くなったりして、結局目立ってしまうんですよね。

ムダ毛を処理したのに、処理した痕が目立つって一番恥ずかしいことです。

かといって、毛抜きで1本1本抜くのは現時的ではありません。

ブラジリアンワックスなら、毛穴から綺麗にムダ毛を抜くことができます。

粘着性のあるワックスを塗ってシートで剥がすだけだから、手間もかからず簡単です。

もちろん剥がす時に一瞬痛みはあるし、1日くらい毛穴が赤くなるときもあります。

でも、その後の肌の綺麗さはブラジリアンワックスが一番です。

男性のブラジリアンワックスを紹介していきます

当サイトでは、僕がやっているメンズブラジリアンワックスを紹介していきます。

男性にとって、ブラジリアンワックスはまだまだわからないことだらけ。

男性専用のブラジリアンワックスも全然ない状態ですからね。

でも、ブラジリアンワックスでセルフ脱毛している僕からすると、毛深い男性ほどブラジリアンワックスで処理して欲しいです。

楽に処理できるし、脱毛後も綺麗。

カミソリで時間をかけて処理していたり、除毛クリームでなかなか綺麗にならないことに苦労していたのがウソのように綺麗に処理できます。

メンズブラジリアンワックスの魅力と、おすすめ商品を紹介していけたらと思っています。