カテゴリー別アーカイブ: ブラジリアンワックスの基礎知識

ブラジリアンワックスの種類

ブラジリアンワックスにはいくつか種類があります。

どれも、粘着力のあるワックスを塗って剥がしてムダ毛を脱毛するという方法に変わりはありませんが、ワックスの種類やメリット・デメリットが違います。

ここでは大きく2つの種類の違いをご紹介します。

ブラジリアンワックスの2つの種類

ブラジリアンワックスに大きくわけて2つの種類があります。

ひとつは「水溶性」
もうひとつは「固形型」

です。

水溶性のブラジリアンワックス

水溶性のブラジリアンワックスは柔らかい液体のワックスです。

ワックスを脱毛したい箇所のムダ毛に塗って、専用のシートを貼って、シートを剥がして脱毛します。

液体は固まらないので、シートに粘着させて剥がすわけですね。

水溶性には

・扱いやすい(塗りやすい)
・痛みが弱い
・肌への負担が少ない

というメリットがある反面

・固形に比べると粘着力が弱い
・細かい部分の脱毛がしにくい

というデメリットもあります。

特に鼻毛の脱毛は、ワックスが固まる固形型でしかできません。

固形型のブラジリアンワックス

固形型のブラジリアンワックスは、塗る時は液体なのですが、塗った後に固まって、固まったワックスを剥がすことで脱毛する方法です。

固形型のブラジリアンワックスには

・細かい部分の脱毛もできる
・粘着力が強い
・シートのゴミがでない

というメリットがある反面

・肌への負担が大きい
・剥がすときの痛みが強い
・塗る時もムダ毛が引っ張られて痛い

というデメリットがあります。

鼻毛の脱毛などは、ワックスが固まる固形型でしかできません。

粘着力が強いので、ムダ毛を1本残らず脱毛できますが、痛みが強い問題もあります。

そして、肌の負担が大きく、肌が赤く腫れたり肌荒れするなどのデメリットが大きいです。

どちらの脱毛方法を選ぶかは使う人次第です。

鼻毛の脱毛をしたいのなら固形型ですが、それ以外の部位はどちらでもキレイに脱毛できます。

痛みや扱いやすさなどを考慮して選ぶのが一番いいのですが、当サイトでオススメするのは「水溶性のブラジリアンワックス」です。

やはり

・扱いやすい(塗りやすい)
・肌への負担が少ない

という部分を優先させるべきです。

脱毛はできるだけ手間がかからないようにできるのが一番だし、肌への負担も少ないほうがいいです。

せっかくムダ毛のない肌にしたのに、肌荒れしたり腫れが残ったらイヤですよね。

肌に優しい脱毛なら、水溶性のブラジリアンワックスを選ぶべきでしょう。